過労死ゼロ

  • HOME
  • 過労死ゼロ

ごあいさつ

ごあいさつ

過労死ゼロでは、日々の仕事の忙しさから無理をして働いていくうちに過労が蓄積されて倒れてしまった経験から同じような経験をしている方々や過労で亡くなってしまった方のご遺族様に向けた情報や知っておいて欲しい情報を当サイトにまとめております。情報は随時更新していきますので、ご確認ください。

過労死ゼロの活動主体

厚生労働省が提唱する過労死防止に向けた対策や働き方についてのページをまとめました。
過労死ゼロでは、こういった情報を収集し、過労による悩みを持つ方や、身内が被害にあってしまった方へと可能な限り情報を広く発信し、知識の助けとなれるような活動を行っております。

政府広報(働き方改革)

◯都道府県労働局
働き方改革推進本部の設置
長時間労働削減推進本部
(平成26年9月30日設置)【PDF】

※上記のリンクは厚生労働省のホームページへ移動します。

また、当サイトでは、厚生労働省が行う過労死等防止対策推進シンポジウムに参加していただくべく啓蒙活動を行っております。
人事・管理職の方にも是非、ご参加くださいますようにお願いいたします。

【文部科学省】
平成31年1月29日
◯学校における働き方改革推進本部
(第1回) 柴山文部科学大臣
冒頭あいさつ 【PDF】


厚生労働省:過労死等防止対策推進シンポジウム
※厚生労働省のページへリンクいたします。

厚生労働省労働基準局総務課
過労死等防止対策推進室
電話番号03-5253-1111
(内線5583 と 5526)

北海道労働局
https://jsite.mhlw.go.jp/hokkaido-roudoukyoku/home.html
監督課
電話番号 011-709-2356

青森労働局
https://jsite.mhlw.go.jp/aomori-roudoukyoku/home.html
監督課
電話番号 017-734-4113

岩手労働局
https://jsite.mhlw.go.jp/iwate-roudoukyoku/home.html
監督課
電話番号 019-604-3006

宮城労働局
https://jsite.mhlw.go.jp/miyagi-roudoukyoku/1.html
監督課
電話番号022-299-8838

秋田労働局
https://jsite.mhlw.go.jp/akita-roudoukyoku/home.html
監督課
電話番号018-862-6682

山形労働局
https://jsite.mhlw.go.jp/yamagata-roudoukyoku/home.html
監督課
電話番号023-624-8222

福島労働局
https://jsite.mhlw.go.jp/fukushima-roudoukyoku/home.html
監督課
電話番号024-536-4602

【ユーチューブより情報】

【2013~川人博弁護士の訴え】
Youtube
【2018~神戸市のシンポジューム例】
Youtube
【2018~奈良市のシンポジューム例】
Youtube
【電通事件~過労死ニュース2018】
Youtube
【NHK記者の過労死ニュース2017】
Youtube
【ワタミ~過労死ニュース2013】
Youtube
【厚生労働省の過労死啓発授業~2019】
Youtube

過労死等防止対策推進シンポジウム
~全国の2019シンポジウム実施概要PDF~

【北海道・東北地方】パンフレット
2020年
北海道 PDF11月27日(金) 札幌市会場
青森県 PDF11月18日(水) 青森市会場
秋田県 PDF12月3日(木) 秋田市会場
岩手県 PDF11月20日(金) 盛岡市会場
山形県 PDF12月1 日(火) 山形市会場
宮城県 PDF11月4日(木) 仙台市会場
福島県 PDF11月10日(火) 福島市会場

2019年
北海道 PDF11月18日(月)札幌市会場
青森県 PDF11月27日(水)青森市会場
秋田県 PDF11月11日(月)秋田市会場
岩手県 PDF11月15日(金)盛岡市会場
山形県 PDF11月25日(月)山形市会場
宮城県 PDF11月14日(木)仙台市会場
福島県 PDF11月05日(火)郡山市会場

過労死等防止対策推進シンポジウムに関するお問い合わせは、
厚生労働省シンポジウム受託事業者:株式会社プロセスユニーク
までお問い合わせください。
専用フリーダイヤル:0120-053-006(9:00~17:30)

過労死ゼロの活動目標

要望書【PDF】

提案書【PDF】

リワーク支援【まんが】

【ユーチューブ説明動画へ】
アドレスになります。
Youtube

  1. 図書カードによる遺族支援
  2. Youtube

    日本図書館協会様や日本図書普及株式会社様などから支援をいただきながら、過労死したご遺族様の子どもたちに図書カード「5,000円分」を20歳まで毎年プレゼントを行い遺族支援の要請をしていく。
    提案書【PDF】
    【参考資料リンク】
    ○日本年金機構(遺族年金)について
    https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/
    izokunenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

  3. メッセージ発信の要請
  4. Youtube

    毎年11月の過労死等防止対策推進シンポジウムの後援に、文部科学省・全国知事会・全国市長会・全国町村会に入っていただき、メッセージを要請していく。

    2020年【令和2年】
    開催都市の首長からのメッセージ
    ○北海道知事 鈴木直道様
    ○札幌市長 秋元克広様
    ○青森県知事 三村申吾様
    ○青森市長 小野寺晃彦様
    ○岩手県知事 達増拓也様
    ○盛岡市長 谷藤裕明様
    ○秋田県知事 佐竹敬久様
    ○秋田市長 穂積 志様
    ○宮城県知事 村井嘉浩様
    ○仙台市長 郡 和子様
    ○山形県知事 吉村美栄子様
    ○山形市長 佐藤孝弘様
    ○福島県知事 内堀雅雄様
    ○福島市長 木幡 浩様

    2019【令和元年】11月
    首長からのメッセージ
    過労死等防止対策推進シンポジウム

    ○宮城県知事 村井嘉浩様【PDF】
    ○仙台市長  郡 和子様【PDF】
    ○福島県知事 内堀雅雄様【PDF】

  5. 図書館への支援要請
  6. Youtube

    地域の図書館に「働き方を考える選書一覧」を作成していただき、展示とシンポジウムの案内を要請していく。
    〈北海道・東北地方 〉
    保健所を運営する都市の図書館司書が選んだ【働き方を考える選書一覧】
    □全国保健所一覧表(厚生労働省)
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/
    bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/

    ~~~各地の図書館PDF~~~
    《北海道エリア5ヶ所》
    (北海道立)
    (札幌市立)予定なし
    (函館市立)
    (旭川市立)
    (小樽市立)

    《東北エリア15ヶ所》
    (青森県立)コロナ自粛
    (青森市立)
    (八戸市立)
    (岩手県立)企画展11月15日~11月29日
    (盛岡市立)企画展11月予定
    (宮城県立)コロナ自粛
    (仙台市立)企画展11月頃
    (秋田県立)
    (秋田市立)事業計画予定なし
    (山形県立)企画展 検討中
    (山形市立)
    (福島県立)企画展11月6日~1月6日
    (福島市立)
    (郡山市立)
    (いわき市立)

    ≪視覚障害者情報提供ネットワークシステム整備事業≫
    (サピエ図書館)

  7. 【全国読書感想文コンクール】
    ~企画案のPDFを厚生労働省へ提言~
  8. 3で作成していただいた選書の中から、過労死防止対策推進のため、~働き方を考える~のテーマで学生や社会人、高齢者など幅広く全国読書感想文コンクールの開催を募集して、選考していただき、内閣総理大臣賞、厚生労働大臣賞、文部科学大臣賞、都道府県知事賞、金賞銀賞など毎年、厚生労働省主催の各都道府県シンポジウム会場で表彰して、国民的な啓蒙活動として盛り上げる一助とする。

    ホームページで紹介したい書籍案内
    【過労死ゼロの読書感想文例】

    ①.過労死ゼロの社会を
     高橋まつりさんはなぜ亡くなったのか
     連合出版 発売20171101
     著者 高橋幸美さん、川人博さん

     読書感想文例(あ)(い)(う)

    ②.NHK記者はなぜ過労死したのか
     未和 
     岩波書店 発売20190509
     著者 尾崎孝史さん

     読書感想文例(あ)(い)(う)

    ③.過労死その仕事、命より大切ですか
     ポプラ社 発売20190314
     著者 牧内昇平(朝日新聞記者)さん

     読書感想文例(あ)(い)(う)

    ④.過労死は何を告発しているか
     現代日本の企業と労働
     岩波現代文庫 発売20130821
     著者 森岡孝二さん

     読書感想文例(あ)(い)(う)

    ⑤.企業にはびこる名ばかり産業医
     幻冬舎 経営者新書 発売20180529
     著者 鈴木友紀夫さん

     読書感想文例(あ)(い)(う)

    ⑥.過労死110番
     働かせ方を問い続けて30年
     岩波ブックレットNo.1009
     発売 20191004
     著者 森岡孝二さん
     大阪過労死問題連絡会

     読書感想文例(あ)(い)(う)

    ⑦過労事故死~隠された労災
     旬報社
     発売 20200428
     著者 川岸卓哉さん 渡辺淳子さん

     読書感想文例(あ)(い)(う)

    ※3名の方に読書感想文をお願いしました。あくまで個人的な参考例であり、真実は、本書をお読みくださいますようお願い申し上げます。

  9. 図書館関係者への支援要請
  10. 日本図書館協会様・日本図書普及株式会社様・公益財団法人図書館振興財団様・図書館司書、学校司書の方々の協力や研修会など、過労死したご遺族様への支援を要請する。

  11. 全国読書感想文コンクールに向けての連携
  12. 過労死等防止対策推進シンポジウム実行委員会と全国読書感想文コンクール選考委員会を各都道府県に設置し、開催実行可能な連携対策を行っていく。

  13. 白書のデジタルコレクション化
  14. Youtube

    【達成しました!】
    過労死等防止対策白書含め、すべての白書を国会図書館のデジタルコレクション化し、全国の図書館から誰でも閲覧できるようにする。
    https://rnavi.ndl.go.jp/politics/entry/
    JGOV-hakusyo.php

  15. 遠距離通院助成制度の実現
    (精神障害者の公共交通割引)
  16. Youtube

    傷病や障害者手帳の有無や種別に関係なく、患者の居住地から医療機関までの往復の公共交通機関(旅客機、旅客船、電車や長距離、路線バス、タクシー)の遠距離通院助成制度(仮称)を実現することを提唱する。また、合理的配慮を必要とし、障害者差別をなくし、精神障害者の公共交通の割引を実施し、社会復帰を支援する。

    □みんなねっと
    【全国精神保健福祉会連合会】
    精神障害者の交通運賃に関する請願が採択
    (第198回通常国会)


    □障害者総合支援法(厚生労働省)

    □精神障害者の公共交通割引①(総務省)

    □精神障害者の公共交通割引②(総務省)